ABUの赤いリール Ambassadeur №5000

ABUのAmbassadeurというリールの存在とそれがスウェーデンの小さな町で作られていることを開高健の名著「フィッシュオン」で始めて知りました。

その日から憧れのリールになりました。

はじめて手に入れることができたのは社会人になってからです。

この素晴らしき釣り道具は、1921年に時計工場として発足したABU社によりスウェーデン精密時計の技術で作られている。

ABUは釣り人の誇り、ロマン、夢をかなえてくれるそんな釣り道具なのです。