飲食店の営業許可はどうしたら取れるの? ■飲食店営業許可・その1

はい、こんにちは、つじもと行政書士事務所の辻󠄀本です。行政書士サービスを和歌山県の隅々まで広めたいと思っています。ブログでご紹介していきますので、よろしくお願いいたします。

今回から数回で、「飲食店営業許可」についてです!取得の流れや申請の方法について解説します。

カフェなどの飲食店をオープンしたいと思っている方は、SNSなどのスマートフォンアプリがコミュニティの中心になった時代でも、実はとても多いんです。

エスプレッソの香り漂う空間でゆっくり本を読んでくつろげるBOOKカフェをオープンする夢をもうすぐ叶えるんですとか、近隣のおばあちゃん・おじいちゃんが子供たちに絵本を読み聞かせるカフェだったり、保護ネコを譲渡するための猫カフェだったり、自宅を改装して趣味の釣り仲間がワイワイ楽しく集まるカフェだったり、YouTubeを配信できるライブカフェを計画しているんですとか、リモートワークが中心になり都会で働く必要がなくなったので和歌山にもどって副業で古民家カフェをオープンしたいと思っているんですなど、暮らしの中にカフェという空間を楽しむライフスタイルを選択される方が増えているようですね。

イラストレーター、ライター、WEBデザイナーなどフリーランスのクリエイターが空き家を改装して古民家カフェをオープンしているのが話題になったりもしていますね。心も体もきれいになるオーガニックカフェ、切り口がきれいなベジタブルサンドイッチカフェ、ハワイで人気のパンケーキカフェ、あんこのおいしい甘味カフェ、ネイティブが集まる英会話カフェ、役者のたまごが集まるシネマカフェ、盆栽カフェ、文具カフェ、古着カフェ、ものづくりカフェ、編み物カフェ、猫カフェ、フクローカフェ、お寺カフェ、資格カフェ、スタートアップカフェとか・・・いろんな種類のコンセプトカフェがありますね。

このようなコンセプトカフェをオープンするためには、それぞれの内容によって官公署に許認可等の申請が必要になります。例えば猫カフェをオープンするためには、「動物取引責任者・第一種動物取扱業登録」と「食品衛生責任者・飲食店営業許可」の手続きが必要になります。そしてその手続きで、営業許可を得るためには、法律・条令などの「責任者基準や施設・設備基準」に適合している必要がありますので、計画段階で基準を知り対応しておかないと工事や設備設置が終わった後で変更等が発生して、営業開始が延期になったり、費用負担が重なる可能性があります。カフェをオープンしたいと思い立ったら、まずは、行政手続きのスペシャリストの行政書士に相談してみましょう!

では、次回からは、カフェなど飲食店に共通する「飲食店営業許可」の基準についてご紹介します。